注文住宅は希望を叶えられることと、作業の様子が見られることから良いところだらけなように見えます。しかしデメリットもあります。
まずは一から全て自分たちで決めるので、決めることが多く家を建て始めるまでにも時間がかかります。内装や間取りだけでなく壁紙やお風呂の浴槽、トイレの便器の色まで全て自分たちで決めることになります。

このように決めるものが多すぎると訳が分からなくなる、ということもあります。自分の家ですから誰かに任せるということもできず、ハウスメーカーやショールームへ足を運んで決めるという手間があります。
そしてこのような手間がかかるために建て始めるまでには時間が掛かり家に住もうと決めてから住み始めるまでには結構な時間がかかるものです。

また、家を建てるというのはこだわり始めると際限がないものです。予算と相談しながら上手に諦めていったり、妥協をしていったりしなければどんどん予算をオーバーしてしまいます。
もちろん、予算をオーバーしてでも納得のできるものにすることが悪いことではないのですが、銀行から借りられる金額にも自分が支払うことができる金額にも限りがあることはよく理解しておく必要があります。様々なアイデアを参考に予算を削ることも考えることが重要です。